イギリス オデッセイ ー UK Odyssey ー

イギリス生活はじめました!

【国際結婚】イギリスでイギリス人と結婚した場合の婚姻届はどうするのか?

 

marriage certification

 

先日、イギリスで正式に結婚したことをブログに書きましたが、実は式の後、3ヶ月以内 にしないといけないことがもう1つあります。

 

www.igirisu-odyssey.com

 

それは、在英国日本国大使館に婚姻届を出す ということ。

 

詳しい案内はこちらから

届出 : 在英国日本国大使館

 

これをすることで、やっと日本の法律においても結婚していることに。

 

ただし、これが結構面倒くさかったりします。なので、私は2ヶ月以上もほったらかしてしてて、これはまずいと今日、慌てて提出しました。

 

基本的なことは、ホームページに書いてあるのですが、細かいことがわからなくて大使館に聞いたことなどもあるので、参考までにメモしておきます。

 

 

日本出国前にすること

 

戸籍謄本の取得

戸籍謄本を発行してからの有効期限はイギリスで結婚することが決まっている場合は、出国前に戸籍謄本を取得してください。戸籍謄本の有効期限はありません。(2019年2月28日確認)

海外からも請求は出来ますが、国際郵便代がかかってしまったり、日本にいる家族にお願いしたりしないといけないので、先に取得することをお勧めします。

  

提出するもの

 

1. 婚姻届 原本2通

署名欄以外をすべて記入し、コピーしたものにそれぞれ直筆で氏名を記載し、押印しても大丈夫です。

日本人の場合、署名欄には押印、印鑑がない場合は拇印でも大丈夫です。配偶者はサインで大丈夫でした。

 

2. イギリスの婚姻証明書 原本1通 +コピー1通

式後、すぐに申請することをお勧めします。リーズの場合、通常便だと3週間くらいかかると言われました。(実際には、1週間で届きましたが・・・)至急でお願いすると、金額が高くなります。ちなみに通常便:£11、プライオリティは£35。

 

3. 2.の和訳文 2通 ← 雛形はホームページからダウンロード

 

4. 戸籍謄(抄)本 原本1通 +コピー1通

 

5. 2人のパスポート

郵送での提出の場合は、パスポートのコピー 各1通

 

6. 配偶者のパスポートの和訳文 2通 ←  雛形はホームページからダウンロード

発行官庁は「英国旅券庁」です。

  

7. 配偶者の出生証明書 原本1通 +コピー1通 ←  有効期限はありません

 

8. 7.の和訳文 2通

 

9. 配偶者のパスポートコピー 1通

 

7〜9は配偶者の年齢や両親の国籍等によっても違うそうですが、配偶者が1982年12月31日以前生まれの場合は、上記の通りです。それ以外の方は、要確認です!

 

全ての英語の書類の和訳はご自分の翻訳でOKです。翻訳者の名前、連絡先の記載を忘れないようにしてください。職場の連絡先を記入する欄がありますが、ここは携帯電話で連絡がつく場合は、空欄でも大丈夫です。

 

本籍地を変更する場合

 

「届書及びその他の必要書類(戸籍謄(抄)本を除く)は、必要通数に1部を加えた通数が必要になります。」となっていますが、具体的には、婚姻届、婚姻証明書のコピー、婚姻証明書の和訳、旅券の和訳が合計3通ずつ必要 です。

また、本籍地の変更をご希望の場合は、ご希望の住所表記で本籍が構えられるかどうかを、必ず事前に日本の本籍地役場に確認してくださいとのことでした。提出時に聞かれました。

 

提出

 

直接、ピカデリーサーカスにある日本大使館に持って行ってもいいし、郵送でも大丈夫です。

提出は配偶者(日本人じゃなくても)でもOKでした。その場で確認してくれて、間違い等があれば指摘してもらえるので、すぐに修正することも可能です。

 

正式な戸籍に反映するまで、2〜3週間程かかるそうですが、その後は私1人の戸籍になります。外国人の場合は、日本に戸籍がないので、身分事項の欄に氏名等が記載されるだけです。なんか、結婚しているのに、1人だけの戸籍ってちょっと変な感じ・・・

 

 

英語の書類の和訳など、ちょっと面倒ですが、事前に時間があるときなどににちょこちょこ用意しておくと、挙式して結婚証明証を取得すればすぐに提出することが出来ますよ!