イギリス オデッセイ ー UK Odyssey ー

イギリス生活はじめました!

イギリス留学 出発〜到着したら最初にすること色々

 

shadow of airplane

 

イギリス留学へ、いよいよ出発です。

 

 

航空券の予約

 

まずは、航空券の予約!

 

VISAが発行されたら、やっと航空券を予約出来るのですが、私はPre-sessionalにも行くので、VISAの期間は2018年7月から2020年の1月まで。

日本→イギリスの往復航空券ってイギリス→日本の往復航空券より値段が高いのです。1年オープンともなるとさらに高い。

 

その間に帰国することもあるかもしれませんが、それならイギリスから日本への往復を買った方が安い。帰国用の航空券がないと入国出来ないと心配されている方もいますが、VISAが1年以上だと復路の航空券はなくてもいい そうです。なので、私はアシアナ航空の片道を購入しました。価格は65,000円。

 

しかし、ここで大きな落し穴が!

 

大抵の航空会社はエコノミーでも23kg2個の預かり荷物が認められているのですが、韓国系は23kg1個のみ。どうにかスーツケース1個と持ち込み手荷物にまとめようとしましたが、無理でした。

 

結局、追加のスーツケース1個と重量超過分(2個で46kg以内だったのですが、バランスが悪く、片方が重かったんですね・・・)24,000円を支払うことに。重量超過はちょっとだったのですが、認めてもらえませんでしたー。

 

思いっきり詰め込んでたので、カウンターでの詰め直しを諦め、潔くお支払いをしました。この失敗のせいで、結局、高くついちゃいました。無料荷物預かりも要チェックです!

 

イギリスに到着したらまずすること

  

BRPカードを受け取り

 

イギリスへ到着したら、まずはBRPカードを受け取りましょう。VISA申請時にパスポートに貼られて来たシールは30日間滞在の仮のものなので、BRPカードが正式な滞在許可証となります。

 

受け取り先は、VISA申請時に登録した郵便局です。到着後、10日以内に受領することとなっていますので、イギリスに到着してからの予定を考慮してから受け取り先を決めたほうが無難です。

 

受け取りに必要なものは

・パスポート

・VISA申請時にパスポートと一緒に送られて来たレター

 

外務省へ在留届を提出

 

これはオンラインで簡単に出来ます。これをしないと、運転免許証の申請が出来ません。

外務省

 

GPへの登録

 

GPとはGeneral Practitionerの略でかかりつけ医のことです。イギリスでは病気になった場合、まずはGPに行き、治療もしくは専門の病院を紹介してもらいます。

こちらでNHS(国営医療サービス)の最寄りのGPの場所が検索できます。

 

海外留学保険について

 

留学の際、病院はかなり気になるところです。留学保険に入っていたら病院代がカバーしてもらえるので安心です。ただ、GPに登録していれば、現地の方と同じようにサービスを受けることができます。

 

処方薬は有料ですが、診察は無料です。(ただし、歯科と眼科は含まれません。)

現地の方はこれで暮らしていることを考えると必要ないのかもと思い、私は留学保険には加入しませんでした。

到着後、ウイルス性腸炎になってGPのお世話になったのですが、当日に診療所に行って、日本の病院と同じように対応してもらえましたよ。しかも、無料でした。

 

ロンドンにお住いの方は、日系クリニックがあるので保険があれば利用も可能ですが、地方の場合は周りにある病院を事前に確認された方がいいかもしれません。

出発前に、虫歯の治療は全て終わらせましょう!

 

 

【追記】

運転免許証申請

 

運転免許証の申請方法などについては、こちらのブログをご覧ください。

 

www.igirisu-odyssey.com