イギリス オデッセイ ー UK Odyssey ー

イギリス生活はじめました!

イギリス大学院出願 エージェントって必要?

 

application form

 

エージェントを通さないと、イギリス留学できない??

 

 いいえ、自力で出願出来ました!

 

どの大学も自分で直接、出願可能です。エージェント利用のメリット・デメリットについてまとめてみました。

 

 

エージェント利用のメリット・デメリット

 

メリット

 

  • 日本語で問い合わせ可能
  • ある程度スケジュールを立ててくれる(いつまでに何をすればいいのかなど)
  • 忙しくて時間が取れない場合、代わりに手続きしてくれる
  • 書類のチェック
  • 他の留学生との交流

 

デメリット

 

  • エージェントを通すため、大学への問い合わせに時間がかかる
  • 質問に対する回答が画一的
  • 提携している大学にしか出願できない
  • 書類のチェックは、文法の間違いについてのみで、内容についてアドバイスをくれるわけではない
  • 大学の担当者のアドバイスを聞くことが出来ない

 

何から始める?

 

イギリスに留学することを決めて、まず何をしたらいいのか?

 

私の場合、仕事をしていたこともあり時間的にエージェントを利用したほうがいいのかと思い、利用してみることに。

多くの方がBEOとSI-UKを利用しているみたいなので、とりあえず両方に資料請求を。

 

どちらも無料をうたっていますが、デポジットを支払って、エージェント経由で合格した大学に進学した際には、デポジットを返金してくれるというもの。

 

エージェントを決める際に注意が必要なのは、会社によって提携している大学が違う ということ!

 

私は、2つのうちのどちらかというと評判が良さそうなSI-UKにお願いすることにしました。

 

しかし、志望校の1つはリーズ 大学。(申し込み時にちゃんと調べなかった私のミス!!)

 

リーズ 大学はBEOを日本の公式出願窓口にしているとのことで、BEOの中に日本事務局があります。推薦状の書式について質問をするために、リーズ 大学の日本事務局に電話をしましたが、結局電話に出たのはBEOの方。しかも、「デポジットを支払わないと質問には答えられません。」と。

 

電話をかけたのは、リーズ 大学事務局なのに!

 

結局、自分でリーズ 大学に直接問い合わせをしてみると、エージェントを通すより返答が早いし、担当者の方もこちらの状況を理解してくれる。

 

直接申請する場合も、ほとんどの大学はWeb申請が出来るので、手間はエージェントを通すのと変わりません。エージェントを通す場合も入力内容を別様式に入力しなければいけませんでした。

 

結果、個人的見解としては、自分で出願したほうがいい!

 

結果的に、私はエージェントを通さずに出願したリーズ大学に行くことに決めたので、支払ったデポジットは返ってきませんでした (:_;)

 

エージェントの事務所に通えて直接相談出来たり、セミナーを受講したい方以外は、自分で挑戦されることをお勧めします。

 

【追記】

 

大学によっては、オープンキャンパスなどのイベントが開催されています。直接、コースの先生とコミュニケーションを取ることも出来ます。

 

こちらに来てから知りましたが、志望のコースで学んでいる学生から直接、コースについて話を聞く機会もあったりします。

 

もし可能であれば、大学を訪れてみたり、先生にコンタクトを取ってみてください!