イギリス オデッセイ ー UK Odyssey ー

イギリス生活はじめました!

1年間を無駄にしないために大学院1年間のスケジュール @リーズ大学

 

Parkinson building at Leeds University

 

大学院留学も残すところあと3ヶ月となりました。と言っても、もう授業は全て終了していて、あとは卒論を提出するのみです。

 

1年間を振り返ってみて、やっと1年間のスケジュールがわかった感じです。あと1年あれば、今度は上手くやれるのになぁーと色々後悔することもあったので、これからリーズ大学に留学する方のために、大学院の1年間のスケジュールをご紹介します。

 

注)こちらは、私のプログラム Professional Language and Intercultural Studies MAがある、School of Languages, Cultures and Societiesを元にしていますが、スケジュールに関しては、リーズ大学大学院の他のマスターコースもほぼ同じでした。

 

 

1年間のスケジュール (2018 - 2019)

 

イギリスの大学は、2学期制でセメスター1とセメスター2があります。2018年は10月1日にセメスター1が始まりました。

 

セメスター1

 

Week 1〜Week 13  2018年10月1日〜2019年1月20日

 

クリスマスホリデー:2018年12月17日〜2019年1月13日

 

テスト期間:Week 12〜Week 13  2019年1月14日〜 2019年1月27日

 

セメスター2

 

Week 14〜Week 26  2019年1月28日〜2019年5月26日

 

イースターホリデー:2019年4月1日〜2019年4月28日

 

テスト期間:Week 25〜Week 26  2019年5月13日〜2019年5月26日

 

このうちWeek7とWeek19はリーディングウィークと言って、授業がありませんでした。この期間は、それまでの遅れを取り戻したり、復習をするためにちょうど良いタイミングで設置されているようです。ですが、選択授業によってはテストが行われたりもします。セメスターの初めに「授業がない!」と、旅行の計画を入れないように!

  

ホリデー

 

  • クリスマスホリデー:2018年12月17日〜2019年1月13日
  • イースターホリデー:2019年4月1日〜2019年4月28日

 

ホリデー期間は上記のとおりですが、実際には、この期間中もしくは休み明けにエッセイの提出が控えています。長期の休みなので、海外旅行などを事前に計画したりするかもしれませんが、なるべく休みのはじめの方に行くことをお勧めします。でないと、旅行中にエッセイを執筆、提出することになりかねません!

 

テスト

 

テスト期間:

  • セメスター1:Week 12〜Week 13 

   2019年1月14日〜 2019年1月27日

  • セメスター2:Week 25〜Week 26 

   2019年5月13日〜2019年5月26日

 

テストには5種類ほどあります。

 

  • Timed test:セメスター期間中(主にリーディングウィーク)に行われるテスト。実際に、教室などで決められた時間内に行われます。
  • Take home test:課題が与えられて、家で行なって提出するテスト。
  • Presentation:グループもしくは個人でのプレゼンテーション。授業時間内に行われます。
  • エッセイ:決められた課題についてのエッセイ提出。提出期限は、長期ホリデー中もしくはホリデーが終わってすぐ。
  • Sitting test:いわゆる通常のテスト。テスト期間中に教室内で行われます。

 

私のモジュールに関して言えば、翻訳系はTimed testとTake home test、その他はほぼエッセイ提出でした。Sitting testはセメスター1に1つだけあり、2時間で10個の質問から3つを選び、エッセイを3つ書くというものでした。

 

まとめ

 

せっかくイギリスにいるからと言って、遊ぶ計画をたくさん入れてしまいがちですが、セメスター開始時に1年間のスケジュールを把握していると、勉強への支障を最小限に抑えるつつ、旅行も楽しめると思います。

 

せっかくのイギリス滞在なので、1年間を有意義に楽しんでください♪