イギリス オデッセイ ー UK Odyssey ー

イギリス生活はじめました!

リーズ大学寮とアパート探し、リーズの治安について

 

Magnolia flowers and blue sky

 

いよいよ4月ですね!

新しい元号も発表になって、新しいスタートっていう新たな気持ちになります。

 

リーズ大学も今日から4週間、イースターホリデーです。

と言っても、例のごとく休み明けにはエッセイ提出とテストが待っていますが・・・

 

9月からイギリスに留学される方は、そろそろ渡航の準備をされているのではないでしょうか?

 

そこで、リーズでの住居の探し方と治安についてご紹介です。

 

 

治安について

 

まず、リーズの全体的な治安についてですが、リーズの治安はイギリスの中でも比較的安全だと思います。

シティセンターや大学周辺などは、昼間はもちろん1人で問題なく歩くことが出来ますし、暗くなってからもそんなに危ない雰囲気はありません。

ただし、海外は何処でもそうですが夜は1人で外を歩かない方が無難です!

リーズ大学では、夜間、大学から家まで£1で送迎してくれるサービスもあります。

 

大学寮

 

留学生は大学の寮に優先的に入ることが出来ます。

私の周りのほとんどの留学生が以下の3つの寮に住んでいます。

 

・Central Village
・CitySide

 

こちらの2つの寮は大学のすぐそばに建っているとても新しい建物です。

方角的にシティセンター側にあるので、大きなスーパー、Morrisonsに行くのにも便利だし、すぐ前にCafé NeroとTescoがあります。

 

・St Marks Residence

 

こちらは、大学院生専用の寮で、大学から徒歩10分くらいの場所にあります。位置的には大学からシティセンターと反対側。

全ての部屋にシャワーとトイレがついていて、キッチンは4〜5人で共用です。キッチンとリビングルームエリアはかなり広くて、中もとてもきれいです。

  

一般のフラット

 

留学生の中には、最初だけ寮に入って、生活に慣れたら友達同士でフラット(イギリスではアパートのことをフラットと呼びます)をシェアする学生もたくさんいます。

 

探し方

 

探し方としては、

 

Unipol 

 

学生向けのチャリテー団体で、学生やカップル向けのシェア物件を多く扱っています。家賃も比較的安いです。

 

rightmove

 

イギリス中の不動産物件が検索可能です。

私も、こちらのサイトでフラットを見つけました。一般向けなので、家族がいる方にオススメです。

 

・口コミ

 

こちらに来てから引越しをする場合は、結局は口コミで探すのが1番良かったりもします。引っ越し先を探しいてることを周りに話しておくと、「誰々がフラットメイト探してるよー。」とか情報が入ってきたりします。

 

注意点

 

物件を決める前にこれだけは、確認しましょう!

 

・物件の下見

 

部屋の中だけではなく、建物の周りなど危ない雰囲気ではないかなど、昼と夜、両方チェックしましょう。

 

・水回りの確認

 

特にお湯!イギリスの建物のほとんどは、タンク式のお湯を使用しています。なので、タンクのお湯を使いきってしまうと、再度お湯が溜まるまでしばらくの間使用することが出来ません。小さなタンクを使っていると2人続けてシャワーを使えなかったりと不便です。

 

それと、水道の蛇口。イギリスではいまだにお湯と水の蛇口が別々のことがよくあります。ちょっとしたことですが、毎日使うものなので、結構ストレスです。あと、水圧が弱かったり。水回りは特に注意です!

 

・光熱水料は家賃に含まれているか?

 

電気代、水道代が含まれているかいないかによって、全体の金額がかなり変わってきます。我が家では光熱水料代に毎月別途、£100程払っています。

 

・家具は付いているか?

 

多くのフラットは家具(ベッド、タンス、テーブル等)、家電(冷蔵庫、洗濯機、オーブン)がついていますが、稀についていない物件もあるので、要確認です。

 

・インターネットは付いているか?

 

これも、物件によりますが、付いていない場合は、別途自分で契約する必要があります。

 

・フラットメイトは?

 

すでに何人かが暮らしているフラットシェアに加わる場合は、人数や男女構成を確認しましょう。学部生が多いフラットだと、パーティばかりでかなりうるさいこともあるようです。

 

おすすめエリア

 

・Headingley

 

リーズで1番の人気エリアは、Headingleyです。大学からは、歩いて20〜30分ほどありますが、スーパーのSainsbury、レストラン、カフェなども沢山あります。

地元の学生の多くがこのエリアに住んでいます。

通学は、バスだと片道£1、大学で£22/3ヶ月で自転車をレンタルすることも出来ます。

 

・シティセンター

 

家賃はちょっと高いですが、何と言っても何処に行くにも便利です。

 

・大学周辺

 

学生用の安い物件が沢山あります。授業の合間にランチをしに帰ったりと便利です。

 

避けた方がいいエリア

 

Chapeltown、Harehills、Hyde park周辺はあまり治安が良くありません。

実際に歩いてみても、建物の雰囲気も違うし、建物の落書きがすごいです。Hyde parkは昼間は全く問題ありませんが、こういったエリアには近づかない方が無難です。

 

residential street 

 

まとめ

 

寮、フラットどちらもですが、建物自体も大切ですが、周りの住人によってかなり環境が変わってきます。

特に、キッチンやバスルームをシェアする場合、フラットメイトの使い方が汚い場合、かなりストレスになるようです。

事前にチェックできるところは、必ずチェックして下さいね。

 

あと、不動産会社。私のとこはホントに(イギリス流なのか?)仕事が適当。入居時に壊れていた窓について、毎週毎週電話して、半年後にやっと修理してくれました。

 

open window with a rope

ちなみにウチの窓はこんな感じ・・・ 

ロープを引っ張って窓を開けます。家の中の窓全てがコレです (-_-;